健康は大切!気になる症状・病気について正しく知ろう

病気事典

溶連菌感染症 大人の症状 一度感染するともうかからない?体験談と一緒に解説

投稿日:




溶連菌という細菌をご存知ですか?
感染すると、発熱と喉の痛みが発生する風邪に似た症状が起きます。特に子どもがかかりやすく、合併症がかなり怖いことで有名です。また、子どもだけがかかるものではなく、大人が感染すると重たい症状になることもあります。

つまり、子どもにとっても大人にとっても要注意の細菌といえるわけです。

今回は大人溶連菌感染症に大人が感染するとどのような症状がみられるのか、また1度かかると次からは感染しないのか?筆者の溶連菌体験談など、溶連菌についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク


溶連菌感染症 大人の症状は?

溶連菌とは正確に言うと溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌です。溶連菌は子供がよくかかる病気で、飛沫感染で広まります。感染力が強いため幼稚園・保育園や小学校では患者が発生すると注意を促すお知らせがよく出るので、子どものいる家庭では目にする機会の多いでしょう。

発熱と喉の痛みが代表的な症状で、発疹がでたり、頭痛やリンパの腫れなども起こることがあります。

子供がかかっても辛い病気ですが、大人がかかるとかなり苦しい思いをしてしまう怖い細菌です。
大人が感染すると喉の痛みはかなり強いものとなり、発熱も続くため、しばらく寝込んでしまうことになってしまうことも!

とはいえ、例えば子どもが溶連菌に感染した時とインフルエンザに感染した時であれば、当然どちらにしてもうつらないように注意は必要ではありますが、インフルエンザよりは影響力は強くはありません。
大人は子供と違い抵抗力が強いので、溶連菌に大人が感染する確率はインフルエンザに比べると低いとされています。

しかし、抵抗力が弱いお年寄り妊婦、そして健康な大人であっても不規則な生活が続いている場合には注意をすることが必要です。疲れている、体調が崩れている、不規則な生活が続いている場合などは免疫力が落ちているからです。

それでは、引き続き、溶連菌の感染について次の章で見ていきましょう。

溶連菌はまたかかる?それとも一度感染するともうかからない?

水疱瘡やおたふくなど、一度かかると、基本的にはもうかからない(※例外はありますが)、あるいはかかりづらくなる病気と違って、溶連菌は再発にかなり気を使わなければならない病気です。これは子供も大人も同じです。

溶連菌は症状が激しいために殆どの人が感染すると病院に行くことになると思いますが、大切なことはきちんと処方された薬を飲みきるということです。

溶連菌の薬には抗生物質が処方されます。抗生物質で重要なのは処方された分をきちんと飲みきることで、溶連菌の治療においてもこれは欠かすことのできない大切なポイントです。

スポンサードリンク


溶連菌は飛沫感染で広まるとされていますが、病気の症状としては咳やくしゃみはあまり出ることはありません。
そういった点から考えると、インフルエンザなどの代表的な感染りやすい感染症と比べると感染のリスクは少ない部類に入りますが、家族で溶連菌が発生した場合にはやはりどうしても確率は高くなりがちです。
特に、兄弟間では25%ほどの確率でうつってしまうと言われています。

治りきっていない間では溶連菌のキャッチボールをしてしまうという最悪のパターンもありえるためです。
なのでインフルエンザなどと同様に、なるべく接触の機会を作らないようにした上で、薬をきちんと飲んでしっかりと治療するように心がける必要があります。

大人の溶連菌は要注意!体験談

さて、これは筆者の体験談となるのですが、昨年、筆者の家族に溶連菌患者が出ました。子供の保育園でもらってきたものらしく、かなりてひどい目にあってしまいました。

経過をたどると保育所に溶連菌が発生していると注意が貼り出されていました。子供にはうがい手洗いなどをさせていたためか無傷だったのですが、その時たまたま風邪の治りかけだった家族が送り迎えの際に感染してしまったのです。

風邪のぶり返しかと最初は思っていたのですが、激しい症状により風邪ではなく違う病気なのかもしれないと病院にかかり、溶連菌に感染していることが判明しました。

まず喉の痛みと発熱が起こったのですが、風邪のぶり返しにしては熱が高く、また喉の痛みは激烈で声を出すどころかつばを飲み込むことすら苦痛に感じるほどでした。

家族で大人一人が全く無力になってしまうと残された方の負担も当然高くなってきてしまうために、家族全員にとってかなり大変な時期でした。
抗生物質を飲みはじめて三日目くらいでなんとか症状が収まってきたのですが、食事もままならないためにかなりやつれてしまいました。

この時の反省としてはやはり子供には気を使っていたものの、自分(大人)の予防を怠ってしまったということです。うがい手洗いを徹底していたらもしかしたら予防できていたのかもしれません。

症状が激しいときはほとんど何も喉を通らないのですが、ゼリーなどは食べやすいために、ビタミンゼリースポーツドリンクだけが栄養源でした。
ゼリーというのは喉が痛いときにとても重宝するので周りで感染症が流行ってきたときには少しストックをしておいてもいいかもしれませんね。

このとき以来、溶連菌という病気にはかなり神経質になった我が家です。かかった本人にとってはちょっとしたトラウマのようです。
大人が重症化しやすいとはいえ、同じ重さの症状を子供が味わったら耐えられるかどうか本当に心配なほど症状は激しい病気です。
予防が第一と考えて、しっかりと対策をしていきましょう。

まとめ

溶連菌の怖さについて体験談も交えて解説してみましたが、いかがでしょうか。筆者が溶連菌に対して感じている恐ろしさが伝わると良いのですが・・・^^。

命を落とすほどの重大な病気、とは認知されていないものではありますが、平穏な日常を一気に破壊するだけの強烈な症状を持つ病気が溶連菌です。

お子さんはもちろんですが、保護者や周りの大人もしっかりと予防をしていきたいものです。

スポンサードリンク


-内科の病気症状, 耳鼻科の病気症状
-,

Copyright© 病気事典 , 2018 All Rights Reserved.