健康は大切!気になる症状・病気について正しく知ろう

病気事典

しもやけとあかぎれの違いは?子供の しもやけ あかぎれの治し方、ひどい時の病院は何科へ?

投稿日:




冬本番となり、冷え込んでくると、気になるのが「しもやけ・あかぎれ」です。毎年この時期、悩むご家庭も多いのではないでしょうか。

今回は冬の悩み、あかぎれ・しもやけについて、その違い子供のしもやけあかぎれの治し方痛がったり かゆがったりする場合にどうすればいいのか?についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク


しもやけとあかぎれの違いは何?

さて、まずはしもやけとあかぎれの違いについて解説していきたいと思います。

しもやけというのは、簡単にいうと手足や鼻先、頬など血管が細い、または外気と直接触れている部分で発生しやすい、低温によって血行が悪くなって発生する皮膚の炎症です。
人によって様々ではありますが症状としては「赤く膨らむ」「皮膚が固くなる」「熱く感じる」「むず痒く感じる」「痛い」などが挙げられます。

温度差が原因と考えられており、冬の朝や夜など外気と体温との温度差が大きいときになりやすくなります。
手袋をしていて急に脱いだり、またはネックウォーマーなどをいきなり外したりした場合、手や首、顎などは身体から出た水分によって湿っている状態のため、外気に触れると気化熱によって急激に熱を奪われます。そのため外気との温度差が激しくなり、よりしもやけになりやすいと考えられています。

そしてこのしもやけの状態のままで外気に皮膚を晒し続けていると、さらに水分を奪われ、皮膚はひび割れていってしまいます。
これをあかぎれと呼びます。
あかぎれの前に必ずしもやけの症状があるかというと、そうとも限らないのですが、密接な関係があるのはおわかりになるかと思います。

まとめると、皮膚の炎症をしもやけひび割れて出血を伴ったりするのをあかぎれということになります。

子供の しもやけ あかぎれの治し方! 何科に行くべき?

しもやけは炎症、あかぎれは傷ということでまとめたのですが、それを踏まえて具体的な治し方を確認していきましょう。

しもやけの場合は、血流の低下と皮膚の乾燥ということが原因でした。それではその二つを解消する方法を考えていきましょう。

まず冷え切ってしまっている皮膚を温めてあげる必要があります。なので患部をお湯につけてあげましょう。しかし熱いお湯につけたりするのは厳禁です。

適温は40度前後のお湯です。そして水も用意して、交互につけてあげるのが一番おすすめの方法です。
お湯と冷水と交互に付けてあげることで血流が良くなり、しもやけが緩和される効果が期待できます。

スポンサードリンク


またお湯の中でマッサージしてあげるのもよいですね。ただし力加減に注意しましょう。小さいお子さんの場合には特により注意が必要です。強い力でマッサージしてしまうと患部の毛細血管が破裂してしまい、余計に症状を悪化させる可能性があります。

処置が終わったら保湿を忘れずに。ハンドクリームを塗ってあげましょう。

そしてあかぎれにまで発展してしまった場合、治療には注意が必要です。
あかぎれの場合、皮膚が完全に裂けてしまっていいるために、当然ただ暖めるだけ、ただ保湿してあげるだけでは不十分で、病院にかかり適切な治療をおすすめします。

その理由はあかぎれになった場合、患部周辺の皮膚が乾燥状態にあるとかんがえられるために一度治っても再び同じ部分が切れてきてしまうことがあるためです。
病院に行くときは皮膚科に行きましょう。症状に合わせて適切な薬を処方してくれるはずです。

子供がしもやけ あがきれを痛がる、かゆがる場合にはどうすればいい?

たかがしもやけ、たかがあかぎれと甘く見てしまうのはよくありません。

たしかにそれ自体は命に関わるような症状にはなりませんが、しもやけからあかぎれに発展してしまい、さらにあかぎれが慢性化してしまうとかなり完治に時間がかかってしまうためです。

とくにあかぎれは放置しているとどんどん症状がひどくなり、傍目からも大変痛々しく、手が痛いとお子さんが泣く姿は親としても、とても心が痛むものです。

しもやけ・あかぎれとも発生のしやすさには個人差があるため、例えば親御さんがしもやけにはなった経験があまりなくてもお子さんがそれに悩まされるということは充分に考えられます。
しもやけもあかぎれもほっておくとどんどん悪化していく可能性がある症状である、ということはよく覚えておきましょう。

そして、実際にお子さんがしもやけ・あかぎれになってしまった場合には速やかに上記の処置をとるか、病院に行くようにしましょう。
大抵の病気と同じく、これらの症状は治療が早ければ早いほど完治もスピーディーです。

またしもやけ・あかぎれは予防が比較的簡単です。
大事なのは外気に直接触れさせないということ。
顔面など、難しい部分もありますが、風が強い日にはマスクをする、マフラーを巻くなど、対処の方法はあるはずです。
お子さんが痛い思いをなるべくしないように普段から注意してあげましょう。

さいごに

冬になり寒暖差が激しくなると自分だけでなく家族の分も体調の心配をする必要が出てくるために、小さいお子さんを持つパパ・ママとしては気を揉む場面も多いかと思います。

風邪やインフルエンザなど、場合によっては重症化することも考えられる病気と違ってしもやけ・あかぎれは、小さい子供がわずらうとむしろ可愛らしいと思える症状かもしれません。

しかし、ほっておいて症状が重たくなると間違いなくお子さんを苦しめるものになります
あまり過保護になってもよくないとは思いつつも、寒い日にはお子さんの身体の指先など、気をつけて見るようにしたいものですね。

スポンサードリンク


-子どもの病気症状, 皮膚/肌の病気症状
-, ,

Copyright© 病気事典 , 2018 All Rights Reserved.