健康は大切!気になる症状・病気について正しく知ろう

病気事典

おたふく風邪で痛がる子供の看病と感染しないための注意点、保育園登園はいつからできる?

更新日:




子供が必ず一度はかかると昔から言われている病気といえば、おたふく風邪風疹水疱瘡がその代表格です。

いずれもが人から人へうつるものであるので、お子さんがかかってしまった場合には兄弟を含め、家族への感染や影響が心配になりますよね。

今回はおたふく風邪について解説していきます。
おたふく風邪にかかってしまったお子さんがいらっしゃる、あるいは、学校や幼稚園でおたふく風邪が発生している場合には、ご参考になさってください。

スポンサードリンク


おたふく風邪で痛がる子供の看病は?

おたふく風邪にかかった経験はおありですか?

筆者はかかったことがないのですが、小さい頃兄弟がかかったのをそばで見たり、自分の子供がかかってしまったのを見たりとしていますが、傍目からもとても痛々しいものでした。
かかってしまった本人も、高熱と首の腫れ、非常に苦しい病気です。

お子さんがおたふく風邪にかかってしまったときの気を付けてあげるべき点について解説しましょう。

まず、おたふく風邪で特徴的な首の腫れですが、この腫れは痛みも伴うために食事に注意が必要です。
腫れがひどいときにはツバを飲み込むことすら痛い状態になってしまうので、食事もかなり食べやすい、流動性の強いものがおすすめです。この状態では、当然のことながら、辛いもの、酸っぱいものなど刺激が強いものは注意が必要です。

コンビニなどではゼリーなどが簡単に買えますが、酸味があるゼリーの場合にはお子さんがかえって辛い思いをすることもあります。
ゼリーをあげる場合には、少しずつ様子を見ながらあげましょう。

また高熱も代表的な症状です。この場合はインフルエンザなどと同じく脱水症状に注意しつつ解熱を考えた対処をしていきましょう。

さらに首の腫れには患部を冷やしてあげるのも効果が高い場合が多いです。人にもよりますが、冷やしてあげることによって気分がだいぶ良くなったり、痛みが軽くなったりしますので様子を見ながら試してみるのも良いでしょう。

おたふく風邪に家族が感染しないためには?

自分の子供がかかってしまった場合、その痛々しい姿で見ている家族は皆、甲斐甲斐しく看病をしてあげたくなります。
ですが、ちょっとそこで一呼吸おきましょう。

前述したとおりおたふく風邪は感染症です。
つまり看病している側にも感染のリスクがあるということです。

おたふく風邪は飛沫感染または接触感染でうつります。
感染者のくしゃみ、咳などで空気中に飛散したウイルスを吸い込むこと、または感染者との接触により感染します。

お子さんが苦しんでいるので、看病はしてあげたい気持ちは分かりますし、当然看病も必要なのですが自分がうつされてしまった場合、もっと家族が大変な思いをすることになってしまうので、感染対策をきちんと考えた上で看病するようにしましょう。

スポンサードリンク


看病してあげるときにはマスクを必ず着用し、兄弟姉妹がいる場合にはなるべく接触させないように気をつけてください。

おたふく風邪は子供だけがなる病気ではありません。つまり、パパやママが過去におたふくにかかったことがないのであれば、特に注意してください。おたふく風邪は大人がかかったときの方が重症化しやすい病気です。

そして、最後に注意していただきたいのが、おたふく風邪は感染してから発症するまでの潜伏期間が一番感染力が強いということです。
お子さんが発症して苦しんでいる頃には、実は他の家族にもすでに感染している可能性があるということです。
このことから、学校などでおたふくが流行り始めたと聞いたときには、家族全員の予防をしていく必要があります。

おたふく風邪 保育園にはいつから登園できる?兄弟は登園しても大丈夫?


学校保健安全法では、おたふく風邪は第二種の学校感染症に分類されいます。
出席停止期間は

  • 耳下腺、顎下腺又は舌下腺(つまり首の周辺)の腫れが確認されてから5日経過している
  • 身体が健康を取り戻している
状態になるまで、と規定されています。

腫れが確認されてから、というのは人によってズレが生じる可能性がありますが結局、体調がもとに戻り、医師の許可が出れば、園や学校などには通学できるようになるということです。

おたふく風邪にかかった本人は比較的出席停止の期間の終わりがわかりやすいのですが、家族、特に兄弟姉妹はどうなるのでしょうか?

前述の学校保健安全法には家族の規定があり、それによると学校医またはその他の医師によって伝染のおそれがないと認められるまでとされています。
つまり、厳密にこれに従うには、おたふく風邪の症状が収まってきたときにもう一度お医者さんにかかる必要があるということです。

素人が自分の判断で子供を学校に通わせるのは感染を広める危険を伴います。
園や学校で、「○○君/○○ちゃんのせいで感染が広まった」などと言われるようなことがあっては子供も可愛そうです。
学校保健安全法の規定に則った形で、おたふく風邪の症状が収まったときにはお医者さんにもう一度かかるようにすることが一番安全です。

さいごに

お子さんがおたふく風邪にかかったときの家族の対応などを中心にお伝えしてまいりました。

兄弟姉妹にうつってしまうのは避けたいものですし、パパやママにうつってしまうと最悪な状況になってしまう可能性もあります。

ここで最重要ポイントを改めてお伝えしますと、おたふく風邪は潜伏期間が一番感染力が強いということです。
学校などでおたふく風邪の情報が出た場合には、すみやかに家族全員で対策をとるようにしましょう。

スポンサードリンク


-子どもの病気症状

Copyright© 病気事典 , 2018 All Rights Reserved.