健康は大切!気になる症状・病気について正しく知ろう

病気事典

子供の鼻血が止まらない時はどうすればいい?病気なのかの判断方法は?

投稿日:



子供が急に鼻血を出した時、びっくりしてしまいますよね。なかなか止まらなくて焦ってしまって、余計に子供を不安にさせてしまったりしていませんか?
大人でも急に鼻血が出たら驚きますし、止まらないと焦ってしまいますよね。そんな時の正しい対処法を知っておくことで、いざというときに慌てず対処ができます。

今回は鼻血についてお伝えしていきます。お子さんの鼻血でどうすればいいのか困っているママ、よく鼻血が出て心配なパパは参考になさってみてください。

スポンサードリンク


鼻血が止まらない時はどうすればいい?

急に鼻血が出て止まらない・・・!びっくりしますし、早く止めたくて焦ってしまいますよね。
「ティッシュを鼻に詰めて、仰向けに」というのはよく対処法です。でも実はこの対処法は間違っているということを知っていましたか?

ティッシュを鼻に詰めると鼻の粘膜を傷つけてより鼻血が悪化する可能性があり、また仰向けや上を向くと鼻血が喉や胃に流れ込み咳き込んでしまったり気持ち悪くなってしまいます
さらに、横になるのも良くありません。鼻の位置が心臓より下にあると、止血しづらくなります

では、どのような対処法が良いのでしょうか?
まず、お子さんが鼻血を出した場合は、大騒ぎせずに落ち着かせましょう。焦ったり、騒いでしまっては頭に血が上って止血しづらくなります。

鼻血対処法

次に、椅子などに座り下を向きましょう。この時、ティッシュ等で詰め物をするのではなく、小鼻の上付近を強くつまみます
この状態で15分ほど安静にしていれば、自然に止まります。
更に、冷たいタオルなどで鼻を冷やすと血流量が減ってより早く止血することができます

スポンサードリンク


子供の鼻血が大量に出る病気はどんなものがある?

子供が大量の鼻血を出すと、もしかして何か病気じゃないのか?!と不安になりますよね。
でも実際は、子供は大人に比べて鼻の粘膜が弱く、鼻血を出しやすいものです。
鼻がムズムズしてほじってしまったり、強くかいてしまったりして粘膜を傷つけることで簡単に鼻血を出してしまいます。
他にも、頭に血が上って鼻の中の血管が破れて鼻血を出してしまうこともあります。
このように、子供の鼻血は大抵の場合は心配のないものです。上記の止血法で対処してあげましょう。

とはいえ、中には白血病などの病気の疑いがある場合もあります。
白血病の場合は、鼻血だけでなく手足に紫色のアザができていたりするので、気をつけて身体をチェックしましょう。
また、鼻血が出た際に、だるくて動けない、顔色が悪くなる、などの様子が見られた場合は何らかの血液の病気の疑いがあります。
小さな子供の場合、元気に遊んでいて急に鼻血が出た、という時はほとんどが心配のない鼻血ですので、あまり神経質になり過ぎないようにしましょう。

子供の鼻血がよく出る時、病院はどのタイミングで何科を受診?

子供は鼻血を出しやすい、とはいうもののやっぱり心配になってしまうのが親心と言うものでしょう。
上記の通り、子供の鼻血の大半は心配無いものなのですが、どうしても気になる場合は耳鼻科を受診してみましょう。
耳鼻科医の診断を受けることで「心配はない」と知るだけでも安心することができると思います。
また、何らかの病気であっても、早期に発見することで治療することもできます。

耳鼻科への受診の目安

・鼻血が30分以上止まらない
・大量の出血がある(ぽたぽたと垂れる程度であれば大丈夫です)
・アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎(蓄膿症)

特にアレルギー性鼻炎をお持ちのお子さんは、無意識に鼻を強くこすってしまったりして鼻の中が傷付いてしまっていることもあります。耳鼻科で出血し易い血管に薬品を塗布して出血しにくくすることもできるので、お医者さんに相談してみましょう。

さいごに

子供の鼻血について調べてみましたがいかがでしたでしょうか?
筆者の子供も5歳の頃には特に夜中によく鼻血を出しては驚かせてくれました;;。きっと、寝ている最中に鼻をこすったり、ほじったりしていたのでしょう・・・。
はじめこそ、鼻血を出す度にオロオロと心配していましたが、慣れてくると落ち着いて対処することができるようになりました。

もちろん、心配で耳鼻科に連れて行ったこともありますが、診断結果はやっぱり「心配ありません」とのことでした。
皆さんも、子供の鼻血で心配だったり、不安になったりすることもあるかと思いますが、今回ご紹介した方法で対処してみてくださいね。

スポンサードリンク


-子どもの病気症状
-,

Copyright© 病気事典 , 2018 All Rights Reserved.