健康は大切!気になる症状・病気について正しく知ろう

病気事典

綿棒で耳かきはよくないって本当?頻度はどれくらいが適切?

更新日:



あなたは、耳かきをするのに、何を使いますか?
まさか耳かきを自分の手の指でしている、という人はいないと思いますが、木でできた耳かき器や、耳の奥まで見えるライトの付いたプラスチック製の耳かき器、もしくは使い捨ての綿棒で耳垢を取るというのが一般的だと思います。

最近は使い捨てで衛生的にも良さそうだし、気軽に使える、しかもお風呂あがりの湿った耳の中を掃除するのにはぴったりということでめん棒で耳かきをしている人の割合がずいぶんと増えているとのこと。

でも、綿棒での耳掃除はダメという噂もチラホラ。そこで今回は正しい耳かきについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク


綿棒で耳かきはよくないって本当?

めん棒で耳垢はちゃんと取れるのでしょうか?
実際にやってみると意外に取れている気がしますよね。白い綿棒に色がついたり、最近ではもっと分かりやすいように黒い色の綿棒も売られていますよね。

耳鼻科の先生に聞いてみましたが、実際にはめん棒での耳かきはよくないそうです。
その理由は、めん棒が耳垢を奥に押し込んでしまっている可能性が高く、中には自分の耳掃除ではどうにもならないくらい奥までいってしまい、そこで耳垢が固まってしまう事例も結構あるためです。

さらにめん棒で耳かきをすると、耳の繊細な皮膚をこすってしまうことが多く、これが外耳炎などの炎症を起こす理由となることもあります。

もちろん、めん棒で絶対に耳かきをしてはいけません!というワケではありません。
めん棒の方が細かい垢が取れる事もあります。また、シャンプーをしている時に耳の中に水が入ってしまった、など水分を取る時などに活躍するのも事実です。
しかし炎症を起こし始めた場合は使用をしないようにし、めん棒だけの耳かきは避けるのが無難(特に大きな耳垢が見える場合には耳かきですくい取るか、ピンセットで挟んで取るのがベスト)です。
また、綿棒で耳かきをする場合も、強くこすり過ぎないこと、奥まで突っ込まないことを必ず守るようにしましょう。

耳掃除の頻度はどれくらいが適切?

耳掃除は基本、どれくらいの頻度が適切なのでしょうか?

多い人は毎日しているといいますし、していない人は年間を通してした事が無い人もいるかもしれません。
自分のペースでなんていう人もいますが、毎日すれば耳に傷をつけやすく炎症しやすいですし、全然耳掃除をしない人は、耳垢が溜まって聞こえにくくなったり、そこに湿気が生じて炎症につながる場合もあります。
また、あまりにも放置しすぎて固まってしまうと、取りたくても自分では取れなくなる・・・なんてことも。

耳掃除の頻度は個人差はあれど、2週間から1ヶ月に1度が最適です。
耳鼻科の先生によっては、1ヶ月に1度もしなくていいと言う先生もいらっしゃいます。

スポンサードリンク


実は、耳垢と聞くと、「垢(アカ)」というイメージから汚いもの、取り除かないといけないものという印象を持ちがちですが、実際には耳垢には耳を守る作用があります。そのため、全くない状態よりは、少しあった方が耳の為なのです。

ただし、これも溜まりすぎると弊害が出てくるので、そうなる前には取った方がいいのです。
それで、耳掃除の頻度が高いと皮膚を傷つけやすくなるので、2週間はあけたほうがいいというわけです。

また耳掃除をする場所ですが、耳から2センチ程の掃除で充分なので、それ以上奥で耳かきをしないようにしましょう。
めん棒と同じで、耳垢を中に押し込むようになるらしく、自分では耳垢が取れないような所までいってしまい、そうなると耳鼻科のお世話になることになります。

耳掃除を嫌がる子どもの耳垢をキレイに取る方法は?

子どもは基本耳掃除を嫌いますね。
耳が痛い、音が気になる、奥まで入るのが怖いなど・・・「耳掃除しよう!」というと「絶対にいや!しない!!」と耳を両手でふさいで断固として拒絶したり、耳掃除ができないようにわざと動く子供の耳垢をキレイに取るにはどうしたらいいのでしょう?

まず基本として、耳には自浄作用があります。勝手に耳垢が落ちるようになっているので、そこまで頻繁にしなくても、耳垢を取るのに固執しなくても大丈夫なので、必ず週に1回掃除をしなくちゃ!とママがプレッシャーを感じる必要はありません。
嫌がる子供の耳を押さえつけて毎週のように耳掃除をしているのであれば、それが逆に子供の耳掃除に対する恐怖を増幅させている可能性があります。
さらに、先ほど上の章でもお話しましたとおり、週に1回耳掃除をする必要はありません。

また、子供の耳垢を取り始めると、ついつい親のほうが夢中になって見える耳垢は全部キャッチして取りたくなるものですが、大人であれば、耳かきで耳から2センチくらいを探る程度ですが、子供は1センチほどを探って終わりで大丈夫です。奥までつつく必要はありません。1センチほど探っただけで、大きな耳垢が取れる子もいます。

また、耳鼻科の先生のお話によると、ちょっとめん棒で触る程度にしておいても、後で勝手に耳垢が出てくるそうです。子供の再生能力はすごいですよね!

もし耳垢がひどくなったとしても、耳鼻科ですぐにとってもらえます。
逆に耳掃除ばかりしていて、奥に詰まるのより、耳垢が表面で固まっている方が、痛くなく取りやすいそうです。
特に鼻水が出やすい子、鼻炎の子などは耳垢もつまりやすいので、鼻を診てもらう時に一緒に耳垢をとってもらうと専門家だけにきれいにしてもらえるので安心ですよ^^。

おわりに

耳垢を取るのが趣味というほど、耳かきが快感という人もいますよね。でも耳の中をあまり触りすぎると炎症を起こす事もあるのでくれぐれもご注意を!

また、めん棒も良くないとは言われているけど、全否定されているわけではなく、奥に耳垢が詰まらない程度に触ってする分には、表面もキレイになるので、上手に活用していきたいものですね。

スポンサードリンク


-耳鼻科の病気症状
-

Copyright© 病気事典 , 2018 All Rights Reserved.