健康は大切!気になる症状・病気について正しく知ろう

病気事典

急性胃腸炎の食事はどうする?制限はあるの?再発しないためにはどうすればいいの?

更新日:



急性胃腸炎に罹ると、胃や腸に急性の炎症が起きるため、腹痛、下痢、嘔吐などの症状があらわれます。
下痢や嘔吐を繰り返すと、体力も消耗してしまうし、相当辛いですよね…><。
そんな症状を、早く緩和させるにはどうしたらいいのでしょうか?
今日は、

  • 急性胃腸炎の時、食事はどうすればいいのか?食事制限はあるのか?
  • 急性胃腸炎で嘔吐がある時や下痢をしている時には食べても大丈夫なのか?
  • 急性胃腸炎は繰り返すものなのか?再発しないためにはどうすればいいのか?
についてお伝えしていきます!

スポンサードリンク


急性胃腸炎の食事はどうする?制限はあるの?

急性胃腸炎の原因は、

・細菌 → 0-157・サルモネラ菌・腸炎ビブリオetc
・ウィルス → ノロウィルス・ロタウィルス・アデノウィルスetc
・ストレス → 嫌な上司がいたり会社や学校でいじめを受けたりなど、日々溜まるストレス
といった具合に様々ですが、症状は大体同じです。

では、食事はどのように摂ればいいのでしょうか?制限はあるのでしょうか?

そもそも急性胃腸炎は、胃腸の病気なので、胃に食べ物を入れると、症状が悪化してしまう可能性があります。
無理に食べ物を詰め込むことで、更に具合が悪くなるようでしたら、食事は控えましょう。そして、少し症状が安定してきたら、徐々に食事をとるようにしていきましょう。

【急性胃腸炎の時の食事制限方法】

1)吐き気がある時→温かい飲み物等水分のみ
2)吐き気が治まってきたら→おもゆなどの流動食
3)リンゴのすりおろしなどペースト状のもの
4)おかゆ・うどんなどの普通食

このように、1)から始まって少し回復したら2)へ、更に良くなってきたら3)へと、1回に食べる量は少なめにして徐々に進めていきましょう

いくら体が欲しいと思ったとしても、脂っこいものや、炭酸飲料、辛いものや冷たいものは食べてはいけません

また、下痢や嘔吐によって水分が奪われてしまうので、脱水症状にならないように、水分はこまめにとりましょう。ただし、その時、冷たいものを一気に飲むのではなく、温かい物を少しずつ飲みましょう。
中でも経口補水液は、急性胃腸炎の時には一番良い飲み物です。

市販のスポーツドリンクは…はっきり言うと実は賛否両論です。
というのは、電解質濃度が低く糖質を多く含んでいるので、その糖分で下痢が悪化してしまう可能性があるからです。
ちなみに私が胃腸炎の時は、スポーツドリンク、普通に飲んでいました^^;。でも、冷えたものではなく、常温かぬるま湯くらいの温度にして、少し薄めてました。
こうすると、胃への負担も減って飲みやすくなるからです。

ただ、乳幼児などは、症状が悪化して水分さえ受け付けなくなることも…。そういう場合は即、病院で診てもらいましょう。
点滴等、適切な処置をしてもらえるので回復も早くなります。


スポンサードリンク


急性胃腸炎で嘔吐がある時、下痢をしている時には食べても大丈夫?

腹痛や嘔吐がある時は、「まず絶食する」…これが一般的でした。
でも、欧米では研究結果により、絶食期間が長いと回復が遅れると言うことが分かってきたり、最近の傾向などにより早期に食事を再開するetc考え方がだんだん変わってきているようです。ただ、このような考え方は、まだ日本では浸透していないのも事実です。

また、腹痛や嘔吐があると、どうしても食事することが困難になりますよね?
なので、先に述べたように、胃に物が入ったことで、更に具合が悪くなるようでしたら、食事は控えましょう

ただ、水分補給は必ずしてくださいね。
脱水症状は命にもかかわるとっても危険な症状です。経口補水液で、こまめな水分補給を心がけましょう。

もしも急な発症で、手元に経口補水液が無かったとしたら・・・。

実は、経口補水液は、家にあるものを使って簡単に手作り出来ちゃうのです。

1リットルの水に、砂糖小さじ6、塩小さじ2分の1を加える。

これで終わりです。簡単でしょ?
↑これに、適量のみかん果汁なんか入れてみると、更に飲みやすくなると思いますよ^^。

ただ、むやみやたらに水分補給をするのでは、あまり効果がありません。

下痢や嘔吐がある場合、水分の他に、塩分も奪われてしまいます。
塩分不足になると、頭痛や意識障害が起こる、「低ナトリウム血症」という症状があらわれます。なので、塩分の摂取も大切になってくるのです。

そういう面からみても、ナトリウムやカリウムなどの塩分を多く含む経口補水液が、水分補給にはもってこいなのです。

とにかく、嘔吐や下痢のある時は

塩分を含む温かめの物を飲んで水分補給、食事は無理せず段階を踏む。」です。

それから絶対してはいけないことは・・・、

下痢や嘔吐は、体の中の菌を出してくれるので、下痢止めや吐き気止めの薬を飲んで症状を抑えてしまうと、菌が体内に残ってしまい逆効果です。
悪い菌は、全部出しきってしまったほうがいいので、これらの薬は絶対に飲まないようにしてください。

今思えば我が家の子供たちも小さい時、よく急性胃腸炎になったのですが、お医者さまから下痢止めは一切もらいませんでした。(整腸剤は処方されていましたが…)
当時はその意味が分かっていませんでしたが、こういうことだった!という訳ですね^^;。

急性胃腸炎は繰り返すもの?再発しないためにはどうすればいい?

急性胃腸炎の原因の一つに「ストレスによる急性胃腸炎」があります。
これは、ストレスを感じると、体の免疫力が低下するので、胃腸炎になりやすくなるのです。ストレスが原因の急性胃腸炎は、このストレスがなくならない限り、また繰り返し発症してしまいます

また、感染によって症状を繰り返す場合もあるので注意が必要です。
ウィルス性の急性胃腸炎は、感染力が強く、人から人への経口感染でうつります。便や嘔吐物の始末をしているときにも感染してしまいます。
細菌による急性胃腸炎は、食中毒に注意して、感染した人と同じものを食べていなければ、感染の心配はありません。
なので、ウィルス性や細菌性の胃腸炎は、注意していれば、繰り返すことはないでしょう。

とにかく大事なことは、普段から罹らないように予防することです!

一度なってしまったら、早めに治し、再発防止に努めましょう。

急性胃腸炎の再発を防止するためのチェックポイント

・うがい&手洗いをしっかりする
・マスクの着用

・細菌性の急性胃腸炎の場合は、生ものは食べない。しっかり火を通したものを食べる。
・ストレス性の急性胃腸炎の場合は、ストレスを溜めない。ストレスをうまく発散させる。

「ストレスを溜めない、発散させる」と口で言うのは簡単ですが、ストレスに弱い人にとってはなかなか容易ではないですよね?

私も結構ストレスに弱い方ではありますが、趣味も結構あるんです!趣味があると、それに没頭出来て、知らず知らずのうちにストレスが発散していたりするもの。
人に自慢できるような立派な趣味や才能が必要な大層なものである必要はまったくありません。
手軽にできる、例えば「読書」だったり「ウォーキング」だったり、「観葉植物の世話」や「犬の散歩」でも。なんでも大丈夫です^^。好きなことがあれば気持ちも晴れるので、ぜひそんな何かを見つけて気分転換を上手にしてくださいね。

さいごに

いかがでしたか?急性胃腸炎は、辛くて苦しい病気ですが、その原因と予防方法を知ってさえいれば回避することができます。
日頃から免疫力をあげて、予防を心がけるようにしましょう^^!

スポンサードリンク


-内科の病気症状
-,

Copyright© 病気事典 , 2018 All Rights Reserved.