健康は大切!気になる症状・病気について正しく知ろう

病気事典

花粉症になりやすい人とならない人の違いはなに?症状は?何科で診てもらう?

更新日:



花粉症
春先になると、いよいよこの時期が来たかと言わんばかりに、マスクや目薬、鼻炎薬などが飛ぶように売れます。そう、「花粉症」のピーク時期です。花粉症は花粉に反応してでるアレルギー症状で、大きな症状はくしゃみ鼻水目のかゆみです。言葉で書くと花粉症でない人には大したことがないように感じられるかもしれませんが、ひどくなると頭痛や吐き気、さらには発熱する場合もあり、花粉症に悩まされる人にとっては本当にツライ時期です。
今回の記事では、4人に1人が花粉症アレルギーをもつともいわれている花粉症について、なりやすい人とならない人の違いや症状花粉症の起こりやすい時期などについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク


花粉症になりやすい人とならない人の違いはなに?

世の中不公平!と思わず思ってしまうほど、花粉症になる人とならない人、キレイに分かれているように感じられませんか?
できれば花粉症にはなりなくないとは誰もが思うこと。
花粉症になる人のイメージとしては、アレルギー体質の人といった感じかもしれませんが、実は普段アレルギーとは関係ないと思っていた人も突然花粉症になったりするんです。
それはなぜでしょう?

一つは、遺伝です。
アレルギー体質の人がすべて花粉症になる訳ではありませんが、アレルギー持ちの親、親戚がいれば、花粉症になる確率はかなり高くなります。両親がアレルギーでなくても、祖父がアレルギーで花粉症になる人もいます。

そしてもう一つは食生活などの生活環境です。
昔は花粉症はありませんでした。花粉症は現代病とも言われています。現代病と呼ばれる一つの要因に、食生活があります。食生活が欧米化していく事で、日本人のアレルギーになりにくい体質や免疫力を高める状態が少なくなってきたと指摘されています。

また、ストレスが多い現代ではストレスから免疫力の低下という側面もあり、花粉症になりやすい状況といえます。

スポンサードリンク


さらに環境自体も花粉症のなりやすさに大きな影響を及ぼします。
そもそも花粉症は、花粉を害したものとして外に出そうという反応の事です。それまでには花粉への抗体を体の中で作るので、花粉をやっつける事ができるのですが、その抗体の量を超えた花粉に触れると、花粉症を発症させやすくしてしまうのです。そのため、スギなどが大量にある近くに住んでいる人は、花粉症になりやすいと言います。

花粉症の症状は?何科で診てもらう?

花粉症の症状は、冒頭でも触れましたが、主に鼻水、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみです。そして症状が重くなると、発熱、頭痛、吐き気、嘔吐といった症状が出る人もいます。主に風邪の症状と似ているので最初は花粉症とわからずに内科を受診する人も多いのですが、花粉症の場合は、耳鼻科、耳鼻咽喉科、眼科に受診します。

例えば、目のかゆみがひどいなら眼科に行き、鼻水がひどければ耳鼻科などがいいでしょう。

治療としては、点眼薬、点鼻薬、抗アレルギー剤など薬物療法になります。例えば、耳鼻科に行ったとしても、花粉症の場合には点眼薬をもらえます。

一般的にも花粉症と診断されれば、出される薬は一緒なので、内科でも花粉症と診断してもらえれば薬はもらう事が可能です。鼻や目など洗浄してもらうなどスッキリする事ができるので、耳鼻科や眼科がおススメではあります。

花粉症はいつから注意?一年中なるって本当?

花粉症に注意する時期は、いつ頃からが最適なのでしょうか?一年中花粉症に悩まされる場合もあるのでしょうか?

花粉症にいつから注意すべきかといえば、一般的には1月くらいからアレルギー対策を始めるのが良いとされています。

いきなり花粉症の薬を冬場から飲むという対策ではなくても(※薬の服用はできるだけ医師と相談の上で慎重に行いたいものです)、例えば、ヨーグルトや甜茶などの花粉症によいと言われている食べ物を冬からしっかり食べたり飲んだりすることで、体質を良い状態に持っていくといった小さな対策でもいいでしょう。
3月の花粉時期から大慌てで始めるよりも、早め早めに動いて対策をとっていくことで花粉症リスクを最小限に抑えていきたいところです。

最近は、秋にも花粉症が出現しているので注意が必要です。
春はスギやヒノキですが、秋はブタクサとヨモギなどの花粉が原因で花粉症になります。秋は8月頃から出始めて、ピークは10月前後です。秋の花粉症に悩む人は、夏前から花粉対策をする必要があります。

花粉によって花粉症の症状も変わってきますが、春の花粉にも秋の花粉にも反応するようであれば、一年中花粉症の人が出て来てもおかしくない…と思われるかもしれませんね。ただ、春と秋にピークがあり、近場に年がら年中花粉が飛散する環境でなければ、一年を通して年間ずっと花粉症に悩まされるということは、あまりありません。

スポンサードリンク


-耳鼻科の病気症状
-

Copyright© 病気事典 , 2018 All Rights Reserved.