健康は大切!気になる症状・病気について正しく知ろう

病気事典

インフルエンザになったら会社は休むべき?有給扱いにできる?

更新日:



日に日に気温が低くなってきました。冬になると気になるのが、、毎年大流行するインフルエンザですよね。
予防接種を受けたり、自衛したりしていてもかかってしまうときもあります。
インフルエンザにかかってしまったとき、お仕事はどうしたらいいのでしょう?
今回は、インフルエンザにかかってしまったときの職場への対応などをご紹介しますので、ご参考になさってみて下さい。

スポンサードリンク


インフルエンザになったら会社は休むべき?

インフルエンザにかかってしまったときでも、仕事が忙しくて休みづらい・・・、そんな会社員の方も多いのではないでしょうか?
学生の場合は学校保健安全法で出席停止期限が定められていますが、会社員の場合はその期限が定められていません

では、出勤していいのかというと、しないほうがいいでしょう。無理をして出勤して社内での二次感染を引き起こしたり、体調不良で作業効率が落ちたり、いいことはないですので無理せず休んだほうが良いです。

また、インフルエンザに感染した場合、各会社で決められた出勤停止期限があるはずですので、それに従いましょう。

一般的には、「発症後5日経過、解熱後2日経過」するまでは出勤しないよう決められているところが大部分です。そのほかにも、同居の家族がかかった場合でも出勤停止とする会社もあるので、会社での感染拡大の原因となってしまわないように、しっかり確認しておきましょう。

次にインフルエンザにかかってしまって欠勤するときの会社への報告の仕方をご紹介します。
会社に伝えなくてはいけない情報は次の3つです。

症状
発症時期
病院へ行った日と診断結果

インフルエンザの場合、発症時期が重要な情報になりますので明確に伝えましょう。
会社によっては診断書の提出を義務付けているところもあるので、その場合は忘れずに提出してください。

インフルエンザで会社を休んだら有給扱いにすることはできる?

インフルエンザにかかってしまった場合、通常会社は休まなければなりません。ですがそれはほかの社員にインフルエンザを移してしまわないようにという会社あるいは社会の習慣によるものです。法律で決められたことではないので注意しましょう。

スポンサードリンク


法律で定められていない以上、インフルエンザで会社を休業した時にどういう扱いになるかはその会社の就業規則に従う形になります。無給で強制的な休みとなることもあるかもしれませんし、給料は保証されたうえで休業となるかもしれません。

覚えておきたいのは公休になるケースはほとんどないということです。

今注意したように法律で規定されていないためですね。法律に規定されていないとはこの場合、国が定めた伝染病ではないということです。皆勤賞などを狙っている方は公休にならないということをしっかり覚えておいてくださいね。
近年では有給休暇扱いされる会社も比較的多いようです。しかしそれももちろん有給休暇の日数が十分に残っている場合です。

いずれにしてもインフルエンザで会社を休むことになった場合はすぐに上司に連絡して、有給休暇扱いにしてほしいと申し出るのが最善の策ですね。

インフルエンザの仕事復帰はいつからできる?

前述のようにインフルエンザというのは法律的に国の伝染病と指定されている病気ではないため、いつまで休みなさいということは法律には規定されていません。

仕事復帰についても、やはり会社の就業規則に従う形になりますので、しっかりと事前に就業規則には目を通しておきたいですね。
休業の電話を上司の方に電話するときにも忘れずにいつまで休むべきか確認しましょう。

ちなみに学校保健安全法という法律があります。幼稚園・保育所や学校にを対象とした法律ですがここではインフルエンザにかかった場合の出席停止期間というものが規定されています。それによると出席停止期間は「解熱後2日間」または「発症後5日間」となっています。

インフルエンザウィルスは発症から3日間程度が最も感染力が強いとされています。
子供の場合は感染力がまだ強い状態でも熱が下がったりすることがあるので少し長めの期間が規定されているのですが、社会人でも習慣としてはこれを準用することが多いようなので、覚えておくと良いでしょう。

まとめ

社会人がインフルエンザにかかってしまった場合のあれこれをまとめてみましたが参考になりましたでしょうか?
かかりたくはない病気ですが意外と身近な病気でもあります。自分の責任を全うするためにもシーズンが来たらあらかじめ予防接種を受けておき、万が一発症してしまったときでもなるべく早く回復し会社に復帰できるように心がけておきたいものですね。

スポンサードリンク


-内科の病気症状
-

Copyright© 病気事典 , 2018 All Rights Reserved.