健康は大切!気になる症状・病気について正しく知ろう

病気事典

インフルエンザ お風呂はいつから入っても大丈夫?注意点と入浴できない時の身だしなみ方法

更新日:



毎年流行するインフルエンザ。どんなに予防にはげんでいたとしても、かかってしまうこともありますよね。
インフルエンザにかかった時、高熱ではお風呂に入れないのは分かっているものの、いつからであれば入浴してもいいのか、また家族や身近な人への感染を防ぐためにも身体を清潔に保つにはどうすればいいのか、悩んでしまいますよね。
そこで今日は

  • インフルエンザでお風呂はいつから入れるのか、入浴時期の判断基準について
  • お風呂にはいる場合に注意すべきこと、絶対に守ることは何か?
  • お風呂にまだ入れない状態の時に身だしなみをどうすればよいか?
についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク


インフルエンザ お風呂はいつから入っても大丈夫?

インフルエンザにかかると大抵は高熱を出して寝込んでしまうケースが多いですよね。熱のせいで大量の汗をかいて身体がベタベタ、布団も湿って眠るに眠れない経験をしたこと、ありませんか?そんな時、いつからお風呂に入っても良いのか?気になりますよね。
体調にもよりますが、基本は「熱が37度前後に下がった時」が判断基準のひとつです。
高熱が出ている状態というのは、激しい運動をして体温が上がっている状態と同じなのだそうです。つまり、体力を消耗している状態。そんな時に更に体温が上がる入浴行為は、より一層体力を消耗してしまい、病気の回復を遅れさせるだけでなく、悪化させることにもなりかねません。ですので、汗でベタベタしたとしても、高熱が出ている間は入浴は控えるようにしましょう


スポンサードリンク


インフルエンザで風呂に入る時、絶対守るべき注意点は?

さて、熱も落ち着き、いざ入浴!といきたいところですが、いくつか注意しなくてはいけないことがあります。せっかくの治りかけがぶり返してしまったり、本来であれば早く健康な身体を取り戻せたかもしれないものが長引いてしまうきっかけとなってしまうかもしれませんので、以下について注意するようにしましょう。

インフルエンザのお風呂で注意すること

・湯冷めを防ぎましょう。
入浴の前に部屋や脱衣所を温めておきましょう。お風呂からあがった後、いくらさっぱりして涼しいからと体を冷やしてしまうのは厳禁です。

・身体や髪を洗うのは手早く。
洗うことに時間をかけ過ぎると、身体が冷えてしまいます。とはいえ、身体や髪に付いたウイルスを洗い流すためにも、手早く、そして念入りに洗いましょう。

・長湯は絶対ダメ!
前述の通り、体温が上がると体力を消耗します。熱は下がったとはいえ、まだ完全に回復したわけではありませんので長くお湯に浸かるのは避けましょう。

・家族への感染を防ぎましょう。
インフルエンザは主に飛沫と接触によって感染します。飛沫感染とは、咳やくしゃみなどから感染することです。接触感染とはウイルスが付着したものに触れることによって感染することをいいます。家族への感染を防ぐためにも、インフルエンザにかかった人は最後に入浴するようにしましょう
入浴後にはドアノブなどを除菌シートで拭き取ると感染を防ぐことができます。家族間でのウイルスのキャッチボールほど不毛なものはありません。出来る限り予防に気をつかうようにしてくださいね。

インフルエンザで入浴できない時の身だしなみはどうすればいい?

高熱が続いていてお風呂に入れない、でも汗で身体はベタベタ・・・。困りますよね。
そんな時は、
・蒸しタオル
を使って、身体をキレイに拭いてあげましょう。。

濡らして絞ったタオルをビニール袋に入れてレンジで暖めるだけです。ただし、熱くしすぎると火傷しかねませんので温度調節は気をつけてくださいね。

また、蒸しタオルで身体を拭いた後はすぐに服を着ましょう。しつこいようですが、身体の冷えは厳禁ですよ。

重曹入りの水を使った蒸しタオルだと、より汚れや臭いが落ちるとされていますし、お気に入りのアロマオイルを少量入れた水を使うのもおすすめです。リラックス効果が期待でき、ちょっとした気分転換にもなるでしょう。

頭がかゆい、頭がくさいという場合には、
・ドライシャンプー
を活用しましょう。その名の通り、水がなくても使えるシャンプーです。
髪に馴染ませた後、タオルで拭き取るだけのお役立ちグッズです。
ドライシャンプーには、シートタイプやスプレータイプなど種類があるので、好みのものを選択してください。
インフルエンザなど体調が悪くて入浴できない時だけでなく、急な入院時や災害時にもあるととても重宝します。
いざというときのために、一家にひとつ常備しておくといいと思いますよ!

さいごに

いかがでしたか?風邪でも長引くと辛いものですが、インフルエンザにかかってしまうと学校や会社も休まなければならない上に身体もしんどく辛いですよね。
高熱を出してしまって汗がびっしょり、お風呂が恋しくなってしまう時に、参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク


-内科の病気症状, 子どもの病気症状
-

Copyright© 病気事典 , 2018 All Rights Reserved.