健康は大切!気になる症状・病気について正しく知ろう

病気事典

インフルエンザの流行時期はいつからいつまで注意すべき?

更新日:



インフルエンザといえば、毎年冬になると気をつけなくちゃいけないなぁと意識させられますが、ここ最近はそれよりももっと早い時期にニュースに出たりすることもありますよね。
人から人に感染するインフルエンザだけに流行には注意したいもの。そこで今日は

  • インフルエンザの流行時期はいつから始まるのか?
  • インフルエンザの流行はいつまで注意すればいいのか?
  • インフルエンザの流行状況を調べるにはどうすればいいのか?

についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク


インフルエンザの流行時期はいつから始まる?

医師の話では、インフルエンザの流行時期はA型が11月後半から2月頃まで、B型が1月後半から3月初旬くらいまでが平均の流行時期とのこと。先にA型が流行って、B型は後から追っかけているというイメージです。

時期がズレている事から、両方かかってしまう人もいます。その場合は、A型→B型と順番になるパターンが多いそうです。ワンシーズンで2回もインフルエンザを経験するのはちょっとツライですね。

予防接種を受けるのであれば、余裕を持って秋ぐらいに接種を受けるのが賢明です。流行のピークはA型B型両方が猛威を振るう1月と2月。この時期はとにかく注意が必要です。
幼稚園、学校や会社など、インフルエンザの流行が疑われるようになると注意が来ますが、発生してからではなく、この時期にはいつもよりマスクの着用や除菌をしっかりしておくと自己予防になります。

インフルエンザが冬に強い理由は、インフルエンザウイルスが、高温多湿に弱いからです。乾燥している所で空気に舞っていると菌が元気な状態で生息します。そのため、予防のひとつに加湿器を取り入れると良いとされているわけですね。あまり湿度をあげるのは好きではないという人も、乾燥しない程度にするだけでもインフルエンザの予防には良いとされています。


スポンサードリンク


インフルエンザの流行はいつまで注意すればいいの?

ちょっと前までは、インフルエンザは冬の病気だったので、2月末くらいで終息を迎えていたのですが、ここ最近は秋の早い時期から流行り、そして桜が咲くシーズンまで流行っていることもあります。かかる人は5月頃までかかるという人もいるので、インフルエンザは侮れませんよね。

地域で流行り始めましたという告知が出る前から気を付けたいのであれば、やはり10月後半くらいから準備した方がいいでしょう。

ちなみに、2009年には新型インフルエンザが夏に流行しました。このように稀にイレギュラーな時期に突如流行ることがあるので、新型が流行る予想が出た場合には、テレビやネットニュースなどでチェックしておくことが必要です。

インフルエンザの流行状況を調べるにはどうすればいい?

インフルエンザの流行状況をチェックする方法としては、ニュースをまめに見ることも一つの手です。今はニュースアプリなど、すぐに情報がわかるものが多いですよね^^。
インフルエンザの予防接種が解禁になったあたりから、ニュースを意識的に見るようにするといいでしょう。
インフルエンザが出たらすぐにニュースになりますし、そういう面では情報が早いものです。

いつもニュースばかりチェックしていられない!という方には、それよりも早く正確に分かる方法があります。
厚生労働省の「インフルエンザ流行レベルマップ」というものです。厚生労働省のHPから見る事ができます。今どこの地域でどれだけの感染者がいるかどうかというのがすぐに反映されます。秋に突入した辺りから見ていくと、流行っている地域と人数をサイトから確認することができます。
流行っているインフルエンザがA型なのか、B型なのか、また、傾向なども分かります。過去、どんな流行り方をしたかの履歴も見ることができる優れものなので上手に活用するといいでしょう。

インフルエンザ流行レベルマップ

まとめ

インフルエンザは秋頃から厚生労働省の「インフルエンザ流行レベルマップ」をチェックしておくと、流行している地域や範囲、速度などをひと目で確認できるのでとても便利です。
自分の予測を反して全然違う時期から流行する事もありますが、基本、秋から春の乾燥時期にインフルエンザは流行するケースが多いということを頭に入れて予防に努めるようにしましょう!

スポンサードリンク


-内科の病気症状
-

Copyright© 病気事典 , 2018 All Rights Reserved.