健康は大切!気になる症状・病気について正しく知ろう

病気事典

指がぱっくり割れる原因は?家での治療方法と繰り返さないための対策法!

投稿日:



冬の台所仕事…どうしてもできてしまうのが「ひび」「あかぎれ」です。
指先がぱっくり割れて、すごく痛いですよね…
そうなる前に、正しいケアで“ぱっくり割れ”の悩みを解消しちゃいましょう!

スポンサードリンク


指がぱっくり割れる原因は何?

まず、どうして「ひび」や「あかぎれ」はできるのでしょうか?
それは、「肌の乾燥」が一番大きく関係しています。

冬になると、湿度が下がることで空気が乾燥して、肌も油分が失われカサカサしてきます。こうして潤いがなくなった部分から「ひび」や「あかぎれ」ができるのです。

私は、夏が終わって少し涼しくなってきたな…と思ったら、即!指先がカサカサしてくるんですよ~。ほんと、効果てき面って感じに症状が現れます(苦笑)
乾燥肌の人は特に注意したいです。

また、乾燥の他にも「血行不良」「免疫力の低下」が原因で、指のひび割れが起こることもあります。

血行が悪くなると、肌に弾力がなくなって割れやすくなるし、免疫力が低下すると、皮膚の再生機能がうまくいかず、ぱっくり割れが悪化してしまいます。

今までぱっくり割れの原因についてお話してきましたが、具体的に言うと

1)食器を洗うとき水を使っている→血行不良の原因
2)逆にお湯を使っている→油分を失う原因
3)洗剤を使う(食器用の洗剤やハンドソープ等)→皮膚を保護する皮脂膜が取れてしまう原因

これらのことをすることによって、ぱっくり割れが生じます。

主婦は特に、食器洗いは必要不可欠で、指の状態がどうであれ割けられませんよね。
水やお湯で洗えないならどうすればいいの?!と思われることと思いますが、「体温より低いぬるま湯で食器洗いをすること」を意識してみてください。

さて、主なぱっくり割れの原因が分かったところで、次に、治療方法について見ていきましょう。

ぱっくり割れた指の治療は家でもできる?

ぱっくり割れの大敵は「乾燥」です。つまり、「保湿」をすることでぱっくり割れは改善します。

日々の家事で気を付けていてもどうしても乾燥の季節には指のぱっくり割れが生じてしまいがちです。
ぱっくり割れてしまった時は、どうすればいいのでしょうか?
家でも治すことはできるのでしょうか?

実は、あまりにもひどい症状でない限り、家でも治療は可能です。

1)ぱっくり割れたところに、軟膏を塗る。
ひび専用の軟膏が売っていますよね?これを塗るだけでもだいぶ良くなります。
筆者の場合は傷薬的なものでも結構良くなりました。

スポンサードリンク


2)絆創膏等で傷を保護する
一般的な傷用の絆創膏でもいいのですが、ガーゼが無くて傷口を固定するためだけの絆創膏が売っています。
そういう絆創膏で、“防水タイプ&殺菌効果あり”のものがおすすめです。

3)ハンドクリームを塗り手袋をして寝る。
寝る前にハンドクリームは塗らない方がいいという説もありますが、筆者の場合はそれではだめだったので(寝ている間に油分が失われてる?)ハンドクリームを塗って、更に通気性の良い綿等の手袋をして寝ています。

4)マッサージ
血行不良でぱっくり割れが生じることもあるので、お風呂に入った時、湯船に浸かりながら指先をマッサージするのもおすすめです。

人によっては、指先だけではなく、掌までぱっくり割れてしまうこともあるようです。
本当にこれはかなり厄介で痛いですよね><。
掌なので絆創膏を貼ってもすぐとれてしまいますし、雑巾とか絞る時には本当に痛いし…。こんな時におすすめなのが、水絆創膏です。これを塗っておくと、知らず知らずのうちに治っていくケースが多いようです。

ただし、ここで注意しなくてはいけないことがあります。
軟膏やハンドクリームと一概に言っても、人によって合うものと合わないものがあります
筆者の場合でも、「最後の手段にはこのクリーム」と有名なあの某治療薬は、肌に全く合いませんでした。
なのでいくつか試してみて、自分にピッタリのものを、ぜひ見つけてみてくださいね!

指のひび割れ対策はどうしたらいい?

まず大切なのは、「手を保護する」ということです。

なんだかカサカサしてきたな…と思った時点ですぐにケアしましょう。カサカサが進むと手遅れなので、「早めの予防」が必要になってくるのです。

例えば食器洗いの時には、必ずゴム手袋をする。
適宜ハンドクリームを塗る。
等々…

また、これは筆者の自己流なのですが、

1)食器洗いの前にハンドソープを塗る
2)布製の手袋をする。その上からゴム手袋をする→二重にバリア!
3)食器洗い後にもう一度ハンドクリームを塗る。

こうすることで、ぱっくり割れの予防に役立ちました。

あとは、2章の治療法と重なりますが、寝るときにハンドクリームを塗っておくと、次の朝しっとりしていていい感じです。

加えて、洗剤が原因で肌荒れが生じることもあるので、手肌に優しい洗剤を選ぶことも大切になってきます。

さいごに

手荒れは誰もが経験するお肌のトラブルです。ただ悪化する前にきちんと予防すれば、大丈夫です。ぱっくり割れは本当に痛くて不便なので賢く予防したいものですね^^。

スポンサードリンク


-皮膚/肌の病気症状
-,

Copyright© 病気事典 , 2018 All Rights Reserved.