健康は大切!気になる症状・病気について正しく知ろう

病気事典

水疱瘡の登園はいつから大丈夫?潜伏期間はどれくらい?痛がる時はどうすればいいのか

投稿日:



保育園や幼稚園に通う子どもを持っていると、どうしても園で病気が流行ると感染ってしまう可能性が高く、パパもママも病気が流行りだすお手紙が届くと心配になりますよね。そして、自分の子供が病気にかかってしまったら今度は他のお友達にうつさないことにも注意をしなくてはなりません。

今回はたくさんある感染症の中から、1年のうちで冬から春にかけて最も流行する水疱瘡について、水疱瘡にかかった時のための対処法などをお伝えしていきます。

スポンサードリンク


水疱瘡の登園はいつから大丈夫?潜伏期間はどれくらい?

水疱瘡はとても感染力の強い病気で、9割以上の人が10歳までに感染し、特に4~5歳が一番感染しやすい年齢と言われています。

潜伏期間は10日~21日間程度で比較的長く、発疹が現れる前に発熱やだるさなどの症状が出始めます。水疱瘡は潜伏期間から症状が完全に治まるまで強い感染力を持っているウィルスなので、家庭内での二次感染にも注意しなくてはいけません。
また、水疱瘡にかかった場合、その感染力の高さから症状が完全に治まるまでは登園はできません

では、「完全に症状が治まる」とは具体的にどんな状態なのでしょう?
水疱瘡の症状の変化には4つのステップがあります。

1、赤い発疹が顔や首、背中などに現れる
2、発疹が水ぶくれに変わる
3、水ぶくれの中に白い膿がたまる
4、膿が乾いてかさぶたになる

かさぶたになれば、感染力は失われ、登園が可能になります。
ですが、一つの発疹がかさぶたになるまで約3日かかり、最初の発疹が現れた後も次々と新しい発疹が現れるため、全身の発疹全てがかさぶたになるまでは登園はできませんのでそこはくれぐれもお間違いなく!

全身をくまなくチェックして、一つでもかさぶたになっていない発疹があったら登園はNGです。
保育園、幼稚園によってはお医者さんから登園許可証をもらってからでないと、登園できないと決められている場合があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

スポンサードリンク


水ぼうそうを痛がる時はどうすればいい?潰れたら跡が残るの?

水疱瘡による発疹は非常に強いかゆみを伴うため、特に小さいお子さんは我慢できずにかきむしってしまうことがあります。ただ、そうすると、傷口が化膿して跡が残ってしまう場合もあります。特に女の子のママは跡が残ったらどうしようと心配だと思います。痒がったり痛がったりした時にはその都度、処方された薬を塗ってあげましょう。

また、かきむしって水ぶくれを破ることで膿が別の場所に付着して二次感染を起こすこともありますので、爪は短く切っておくことも大切です。

薬を塗るときは、水ぶくれを破らないように丁寧に、また二次感染を防ぐためにも、綿棒を使って塗ることをおすすめします。塗り終わったあとは、必ず手を洗うようにしましょう。
また、身体が熱いとより強く痒みを感じますので、なるべく室温を涼しく保つと良いでしょう。

子どもが水疱瘡になった時の過ごし方

水疱瘡に感染した場合、発熱を伴うことがあります。その場合は、とにかく安静に過ごしましょう。そして、発熱による脱水症状に気をつけて、こまめに水分補給をしてあげましょう。

また、水ぶくれが潰れて服やシーツが汚れたら、すぐに着替えたり交換する必要があります。

水ぶくれがかさぶたになるまでは、お風呂は控え、清潔なタオルで身体を拭いてあげます。このとき、水ぶくれを潰したり、かさぶたをはがさないように優しく拭いてください。お尻や陰部にできた水ぶくれはかさぶたになりにくいので、特に清潔に保つ事が大事です。

口の中に水ぶくれができてしまい、食べることを嫌がる場合は、ヨーグルトやゼリーなど飲み込みやすいものを食べさせてあげてください。

あとは、ひたすら、発疹をかきむしらないように目を光らせていましょう!
昼夜問わず、痒くて痛くて泣いてしまうお子さんもいるかもしれませんが、これが永遠に続くわけではありません。ママもパパもツライとは思いますが、今だけのことだと思って頑張ってください。

さいごに

水疱瘡は子供にとってはとても痒くて辛い病気です。看病も辛く感じられる時があるかもしれませんが踏ん張りどきだと思って負けないでくださいね。
また、水疱瘡は大人になってから発症するともっと重症化する病気でもあります。パパとママが今までなったことがなく、予防注射も受けていなかったという場合には二次感染にはくれぐれも注意してくださいね!

スポンサードリンク


-子どもの病気症状
-

Copyright© 病気事典 , 2018 All Rights Reserved.