健康は大切!気になる症状・病気について正しく知ろう

病気事典

ADHDの子供の症状 病院は何科で相談するべき?単なるわがままとの違いはどう判断するのか

更新日:



adhd
近年子供だけでなく、大人も診断されるかたが多くなっていることでさらに注目を集めている発達障害

小さい子供を持つママやパパであれば、ADHDについてのマスコミ報道を目にしたり、園や学校から「少し落ち着きがないみたいなのですが・・・」と指摘されたりすると、もしやうちの子がその症状に当てはまってたりはしないだろうか?と心配になるのではないでしょうか。

今回は発達障害の中でもADHDについて、どのような症状があるのか、診断はどのようにされるものなのかなどについて解説していきます。

スポンサードリンク



ADHDの子供の症状と病院は何科で相談するべき?

ADHDとは、「注意欠陥・多動性障害」(Attention-Deficit・Hyperactivity Disorder)であり、文部科学省の定義によると、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力または衝動性・多動性を特徴とする行動障害のことを指します。

だいたい7歳以前に現れ、その状態が継続し中枢神経に何らかの原因を持つ機能障害とされています。
現在のところはっきりとした原因は解明できていませんが、先天的な前頭葉の発達の具合と、周囲の環境要因とが複合的な要素となってADHDを発現するという考え方が有力です。

先天的な原因もあるため遺伝も否定できませんが、親がADHDだから子もADHDである、といった単純な話ではありません。
ADHDをかんたんにまとめると、「注意力が持続しない」「考えずに衝動的に行動する」「おとなしくしていられない」これらの症状がADHDとされています。

具体例を挙げるとたとえば忘れ物が多かったり、思い通りにならなかったら乱暴になってしまったり、授業中に座っていられないなどの行動がADHDに該当します。

注意
しかしながら、ここでよくご注意してください。

はっきり言ってこれらの症状はほとんどの子供に共通している性質でもあるのです。
自分たち大人や、または小学校高学年以降の年齢の子と比べると、7歳未満の子供がいかに精神的に未熟かは子供とちょっとでも接する機会があれば誰にでもわかることです。

つまり子供がADHDだと素人が判断するのは不可能ということなのです。
自分の子供が幾つかの症状に該当すると思ってもADHDだと勝手に判断したりするのは絶対にやめましょう。

もし疑わしいと思ったときには診断をしてもらいましょう。
病院の受診科は小児科や児童精神科などの専門の科になります。総合病院など大きな病院で確認してみましょう。

また受診も一度診察すれば確定、といった簡単な話ではありません。普段の家での生活、学校での生活などご両親や学校の先生方に確認することも多いですし本人への問診も当然あります。
医師としてもADHDの診断は慎重ですので、普段の気になる点を日記などに記録しておくなどして普段から準備をしておきましょう。

ADHDと単なるわがままの違いはどう判断?

前述したとおり、ADHDの症状はほとんどの子供に共通して現れるものです。ちょっと忘れっぽい、落ち着きがない、などの子供の性格は個性でもありますし、成長につれて落ち着いていくことがほとんどです。そこが親の子を思う心配心を増幅してしまう部分でもあるのですが、ADHDを考える場合、この前提を忘れてしまうと大変な間違いのもととなります。

そして、ADHDの中でも衝動性が強い場合、列に並ぶことができない、乱暴をふるってしまう、落ち着いて座っていることができないなどの症状が頻繁に見られます。

スポンサードリンク


自分の意志を押し通そうとする、という点でわがままとも言えますが、それがADHDの特性からくるものなのか、または正常な状態であるけれどたまたまでたわがままなのか、それを判断するのはとてもむずかしいことです。そもそも、一つのことだけを取り上げてわがままかADHDかということを判断するのは不可能なのです。

ただ言うことを聞いてくれない、我慢ができないからと言ってADHDと判断するのは絶対に禁物です。

また、そもそもわがままでもADHDによる症状でも、社会的に許容されるかされないかが重要であって、その判断にはADHDは関係ありません。
いけないことはいけないと親として辛抱強く教えていかなければならないことに変わりはないのですね。

ADHDの検査方法 子供の場合はどんなことをするの?

ADHDの診察は先にも述べた通り、小児科などの専門の科で行います。

気になる診断ですが、ただ本人と面談するだけでは足りず、普段の生活状況を詳しく親御さんや先生などから説明をする必要があります。
初めて診察を受けようという方は必ず普段の子供の状況をメモしておきましょう。

診察を始めると様々なテストやチェックリストをこなしていく事になります。また本人とは別に血縁のある方の状態を確認することもあります。これは遺伝による発現を調べるというわけですね。

検査の内容はお子さんの年齢や発育状態によって大きく異なるので一概にいうことはできませんが、周りの子供と比べた場合の発達状態というのも診断のポイントになります。

例えば言葉が遅れている場合、縄跳びなどの器用さを問われる運動の出来など、対象となるものは多くあります。

しかし子供の場合、診断が難しいのは、発達の遅れが単純な個性などと区別がつきにくいことです。

adhd2

今、この記事をご覧になっている方も、自分の幼少期の記憶や両親から聞く子供時代の話を考えるとADHDの症状に当てはまっていたという人のほうが多いのではないでしょうか?

成長とともに薄れてしまう症状もあるのが、医師をもってしても診断が慎重な理由となります。

こういった事情があるために、子供のADHDの診断は時間がかかることが多く、またはっきりとADHDと断定されることも多くはありません。

診断がどう出ようが、我が子をまっすぐに育てていくという親の責任に変わりはありませんし、またADHDが疑われるならばより注意深く子供のことを見つめていかなくてはなりません。

ADHDの特性を親御さん自身もよく把握し、長い目で病院と付き合いつつ子供と接していく事が大切です。

さいごに

ADHDという言葉は最近になってよく聞かれる言葉であるために現代病と勘違いする人も多いようですが、文献によるとかなり昔から確認されていた症状のようです。遺伝的な要素が否定出来ないことからも、現代病という概念には合致しない病気です。

また発達障害は心の病気ではなく、先天的な要因を多く持つ病気です。もし自分の子供がADHDかもしれないと悩んでいても、自分の子育てをむやみに責めたりするのはやめましょう

ADHDであるかどうか、またはそうでなくても今起きている問題行動をどう緩和させていくかという将来に対しての建設的な対策を考えていきましょう。

現代では多くの専門家の方が身近にいるものです。そういった方々とも連携して、子供と前を見据えて歩いていきましょう。

スポンサードリンク


-こころ・精神の病気症状, 子どもの病気症状
-,

Copyright© 病気事典 , 2018 All Rights Reserved.